So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

本の記事について [考えたこと]

本の記事の一件から・・ ブログが苦痛になりました。

精神的につらいと感じて
カウンセリングの先生に相談をしたり・・

このブログに関わるのが嫌になりました。


11月8日に 栗田廣先生の定期的な診察があるので、
先生にお話を聞いていただこうと思っています。
医学的な知識がないので、何がどう・・と説明するのは 母親には難しいですね。


ふと 昔のことを思い出しました。

東大病院の「こころの発達診療部」のこけら落としのシンポジウムでは
各国の有名な医師が招かれ お話を聞きました。

その時に息子の現状をお話して
「外部要因・環境要因等による発症について」
「先進各国では研究が進んでいるのに、日本では否定されて、私は心理的にとてもつらい思いをしています。」とお話をしました。

すると 各国の著名な先生方から
「日本は研究が進んでいると思っていたのに、こんなに研究が遅れているとは信じられない。
 環境の大きな変化によって発症することは 研究が進んでおり、とても知られていることだ」
と驚きの声が上がりました。

ですが・・その後も 様々な方面からの圧力があったようで
外部要因・環境要因による発症については〜日本では「認めない」という方向性がありました。

いまはどうなっているのかわかりませんが・・・
いまだに 閉鎖的な研究環境だとしたら、とても悲しいですね。

また、大学機関では 力の強い教授がいなくなると 研究が滞ることもあるようで
なかなか難しい課題のようです。

実は・・
私は、親の会等には 入会したことはありません。
嫌がらせのようなことがあったことも・・実際にありました。
関わりたくないので 距離を置いていました。
〜様々な変化の時代には 過渡期があるのでしょうね〜

自閉症は1000人に一人と言われた時代に・・
いいえ、米国では 500人に一人
100人に一人 50人に一人とも言われています・・
と話す私には まぁ風当たりの激しかったこと・・。
米国では常識でも 日本では非常識・・認めていない!とバッシングされることがありました。
当時、文科省や厚労省の皆様に、それだけ大きな課題だと認めていただくには 
ショックなことでも 情報を送ることは 最低限、必要なことでした。

まとまらない気持ちを とつとつと書きました。

学校を卒業して いまは家を中心に塾に通ったりしながら 
まこちゃんペースで生活しています。

また、更新できる気持ちになったら、書いていこうと思います。










nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:blog